Ohmic-Sticker: 静電容量方式タッチサーフェスへの貼付によりForce-to-Motionを実現する入力機器

 

静電容量方式のタッチサーフェス上へ貼り付けるだけの簡単な作業で取り付けられるForce-to-Motion方式の入力機器,Ohmic-Stickerを提案する.プリント基板上へ加圧により抵抗値が変化する感圧センサを設置し,タッチサーフェスの流出電流値を用いて抵抗値変化を計測することで,指先の微細運動による入力が可能となる.これにより,アナログな感圧ボタン(0.5DoF, 1.5DoF)やTrackPointライクな入力機器(2.5DoF),6DoFコントローラーなどを実現する.


    1. ○池松 香, 福本 雅朗, 椎尾 一郎, Ohmic-Sticker: 静電容量方式タッチサーフェスへの貼付によりForce-to-Motionを実現する入力機器,
      第26回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2018), pp.61–66, 2018.09.26-28,
      査読付き登壇発表(ロング:採択率55%) . [PDF]
    2. WISS2018 Best Presentation Award
    3. 【トレたま】どこでもコントローラー. テレビ東京 WBS 2018年11月9日 [Link]
    4. お茶大、タッチパッドに貼り付けることで0.5DoFから6.0DoF(以上)の多様な入力を可能にする機器「Ohmic-Sticker」を発表,Seamless,2018年9月21日 [Link]