JapaneseEnglish 

イルゴール:家庭の生活状況を奏でるオルゴール型インタフェースの研究


概要

将来、様々なセンサやコンピュータが家に導入され、人の活動状況などを簡単に取得可能になると考えられています。しかし、そこで得た情報を生活者にどのような形で還元するかについては、まだ明確な答えがでていません。
そこで、本研究では、家庭内の様子をオルゴールのメタファを用いて音で提示するインタフェース「イルゴール」を提案します。イルゴールの背面に設置したぜんまいを巻いて ふたを開くと、オルゴールのメロディに乗せて過去の家庭の音(ドアの音や料理の音などを表す生活音)が聞こえてきます。オルゴールで過去の思い出を振り返るような感覚で家庭の様子を知ることができます。

 

デモビデオ

 


プロトタイプ

イルゴールデバイスは、 加速度センサ・ロータリーセンサ・リードスイッチを用いて作成しました。それぞれを用いて、ふたの傾き・ぜんまいの回転量・ふたの開閉状態を取得します。
これらのセンサを、PhidgetServerで制御しています。

イルゴール プロトタイプ
 図1:イルゴールデバイスと使用したセンサ類

 

実験住宅への組み込み(2009年~2010年)

イルゴールの有効性を検証するために、お茶の水女子大学の実験住宅である Ocha House にて運用と評価実験を行いました。

OchaHouseに組み込んだセンサモジュールの例 
図2:無線センサモジュールの設置例.


図3:人感センサの検出範囲(上面図):A:寝室,B~C:リビング,D~E:ダイニング, F:キッチン(コンロ前),G~H:キッチン(作業台),I: キッチン(シンク前), J:玄関,K:通路,L:脱衣所,M:浴室

Ocha House の室内に、無線通信モジュールXBeeと任意のセンサから構成される複数のセンサモジュールを配置しました(図2)。今回は、設置のしやすさを考慮し、人感センサ(Panasonic 製焦電型MP モーションセンサNaPiOn) を用いて、主に人の動きを検出します。

導入したセンサモジュールによって、人が家の中のどの場所にいるかを検出し(図3)、この活動場所から活動内容を判定しました。それに合わせて、イルゴールは象徴的な生活音を生成します。例えば、キッチンの前に人が居ればまな板の上で材料を切る「トントントントン」という音が、玄関に人が居れば「ピンポーン」という音がイルゴールから聞こえてきます。

 

関連発表